MaNOを設立する1年前の26歳の春  

 

 

夢だった「世界一周」の旅へ出た。  

 

 

 

 

知らない世界を見てみたくて・・  

 

 

 

 

世界中で髪を切ってみたくて・・・  

 

 

    *ボリビア ウユニ塩湖     半年間で106人の方を切らせていただきました(^o^)    

 

 

 

 

  *カンボジアにて学校を作るボランティアに参加したのに結局カット・・・(^o^)    

 

 

 

 

      *ペルー マチュピチュにてたそがれ(^ ^)  

 

 

 

 

 

 

 

言葉もしゃべれない日本人の見ず知らずの美容師と名乗る男に

思いのほか喜んで皆んな髪を切らせてくれることに驚きながらも、

 

 

 

自分が積み重ねてきたものに対しての自信と幸せを感じ  

 

 

 

 

 

 

 

「美容師になってよかった」と改めて強く感じる日々でした。    

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

母子家庭で必死に娘のために働くメキシコ人のお母さんをカットした時に、

 

お金が無いにも関わらず、グラシアス(ありがとう)とまんべんの笑みを浮かべながらお金を無理矢理渡してきた時・・・(T ^ T)    

 

 

 

 

*メキシコにてカット中。家がシンプルすぎてやばい・・・。  

 

 

 

 

  お礼にとメキシコの家族にまじって朝食を食べたり、

 

  ビーチに連れてってもらったり・・・  

 

 

 

 

 

髪をきることでより距離感が縮まることに、職業への感謝を感じました。

 

 

 

 

 

 そして どんな場所でもどんな人種でも、みんな喜んでくれた。

 

 

 

      モロッコにて。かわいこちゃん(^ ^)    

 

 

 

世界中、みんな一緒・・・  

 

 

 

 

 

 

 

  美味しいものを食べれば笑顔になり、キレイになれば笑顔になるのです。  

 

 

 

 

 

 

    あっ!!なんかかっこいいこと言っちゃてますねwww  

 

 

 

*デイトナに10ページ掲載!お店にあるので見たい方は是非声をかけてください!  

 

 

 

 

 

 すみません..旅を思い出してついつい脱線してしまいました・・

 

 

 

 

 

 

 

今回は『再現性』についてお話しをしたいんでしたwww  

 

 

 

 

では、

旅中はハサミしか持っていませんでした。  

 

 

 

ドライヤーもスタイリング剤も、コテもない。  

 

スタイリングはその時にあるものでやらせていただき、なにもなければ水でやるぐらい。

 

 

 

 

 

『美容室で切らせてもらえばもっと可愛くできるのにな〜』なんて思うことが多かったのですが・・

 

 

 

         

 

 

 

これを通じて最後の仕上げでごまかしている自分のデザインにも気が付くきっかけになりました。

 

 

 

 

 

当たり前のようにブローして巻いてワックスをつけて・・・

 

 

 

 

  もちろん、できるだけ可愛くなってほしいから。  

 

本来ならプロとして、翌日からつけてもらえる提案力が義務なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

だってそれがベストだから。

 

 

 

 

 

でも・・・・  

 いろいろな理由でそれが合わない人もいる。

 

時間がなかったり・・・肌が弱かったり・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 そんな方は、乾かすだけでいつもより可愛いくなってハッピーがベストだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえばこんな人とか??  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                  メキシコのおっちゃん(^ ^)      

 

 

 

 

 

 

これは小学生をカットする時や、田舎に帰ってカットをする時にも通じるものがあります。

 

 

 

 

 

小学生のカットはもちろん何もスタイリング剤をつけずに  

 

 

かっこよく可愛くなってもらうことがリアル。

 

 

 

       

 

 

 

最後のワックス仕上げや、アイロン仕上げはその日の特別なプレゼント♪  

 

 

 

 

 

まぁあたりまえですが!      

 

 

 

 

       

 

 

 

田舎でおばあちゃんをカットをする時も同じ。  

 

 

 

なにをいいたいかって、やっぱり翌日からのデザインが全てだということ。

 

 

 

 

 そうですまたこれです。  

 

  翌日からがMaNOデザインですから。      

 

 

 

その中で再現とは  

 

 

 

「家でのスタイリング方法を知らなければデザインできない」ということです。

 

 

 

MaNO再現性① 『普段のスタイリング方法を知る』 まずはここからです。

 

 

 普段、何をどう使ってステイリングしているか?  

 

 

そして 今日はどうしたいか?  

 

 

明日から時間はどのぐらいかけられるのか?    

 

 

それには何が必要か?    

 

 

 

これをもとにデザインを考えるのです。  

 

 

 

 

 

  何もコテを巻いたデザインが再現性が低いということではありません。

 

  巻いた感じが好きで普段コテを使っているのであれば、 巻くことをベースにデザインすることがむしろ再現性カットなのです。    

 

 

 

 

さらに言えば・・・    

 

 

◯思い通りに巻けない方へ巻き方を教えること  

 

 

◯巻が取れやすい方へは、取れにくい方法のアドバイスを提案すること。

 

 

  ◯痛みにくいコテを教えてあげること・・・・などなど

 

 

 

  それでいて「かわいい」がMaNOが提案したい再現性なのです。

 

 

 

  なんか旅の写真に内容1番伝えたい内容がもってかれてるような….(T ^ T)  

 

 

 

 

ではまた・・・・・

アマゾン川にて・・・落ちればピラニアの餌食に。ちぢこまる。

 

 

 

 

    

というか気が付きましたか??今と10キロ体重が・・・・(T ^ T)

 

では・・・・

manoオンライン mano電話番号 manoインスタ